• ホーム
  • EDでもシアリスがあればバレずに旅行できる

EDでもシアリスがあればバレずに旅行できる

2020年04月12日

EDでも、シアリスがあればバレないで旅行することができます。
シアリスは有効成分としてタダラフィルを含有し、効果が大変長続きするのが特徴です。
その効果が長続きすることについては、欧米諸国などではウイークエンドピルという愛称で呼ばれて親しまれEDに悩む男性に人気が高くなっています。
ウイークエンドピルというのは、1回飲んでおけば週末の性生活をたっぷり楽しむことができるという意味です。

有効成分のタダラフィルには、血中で最高濃度に達した後は食事の影響を受けにくく、また飲酒との相性も比較的良いという特徴もあります。
効果が長続きし、また食事との相性も良いという特徴があります。
デートの前に1回服用しておけば薬の効果が切れてしまうことを気にすることなくお酒や食事を楽しむムードのあるデートができますし、EDであることもバレないで旅行も可能です。

これまでのED治療薬では、薬の効果が続く時間が短く食事の影響を受けやすいのが特徴でした。
そのため、使用する男性にとっては空腹時に薬を飲んだら食事もしないで効果が切れない間にと慌ただしくセックスをしなくてはならないというプレッシャーがあります。
シアリスは、この点を改良されて開発された新薬のED治療薬です。薬価の安い、ジェネリックの薬も登場しています。

EDでも、薬を飲んでいることがバレないで旅行することも可能なシアリスですが、併用禁忌についてはしっかり理解をしておく必要があります。
これは、医薬品として使用する以上はどんな薬にも言えることです。
シアリスを処方するクリニックでは、医師から併用禁忌についての説明が必ずあります。

シアリスの併用禁忌とされる医薬品は、ニトログリセリンに代表される硝酸剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症を治療する医薬品のアデムパム錠などが中心です。
シアリスを処方するクリニックでは、併用禁忌薬の確認のために既往歴や使用中の医薬品について確認をしています。
EDであることがバレないで旅行もできるシアリスの安全な使用のためには、正しく申告をして指導を受けることが最も重要です。

シアリスの副作用と併用禁忌薬の紹介

シアリスは日本で認可されている3大ED治療薬の中では、効果時間が長いことで知られています。
有効成分であるタダラフィルの含有量によって5mgから20mgまで3種類が製品化されています。
最も含有量の多い20mgのものは効果時間が36時間にもなります。
つまり、パートナーと旅行に出かける場合など、長時間一緒に過ごす際にもED治療薬を服用していることがバレないことから、薬価としては1800円程度と高額にはなりますが高い人気を誇っています。

シアリスは副作用が発生しにくいことでも有名です。
一般的にED治療薬は約7割の方が、副作用を実感していますが、シアリスの場合3割程度ですから、いかに発生率が低いかがわかります。
副作用の症状としては、血管拡張作用が引き起こす、頭痛、顔や身体のほてり、目の充血、鼻づまり、胃痛、下痢が代表的なものです。

さらに、血管拡張作用は低血圧を引き起こすことから動悸や息切れといった症状を訴える人もいます。
これらの症状は軽微なものであり、時間の経過とともに和らぎますから大きな心配はいりません。
シアリスを大量に服用するなど用量用法を守らなかった場合、強い副作用が発生することがありますので、正しい服用方法を遵守することが大切です。

シアリスの有効成分であるタダラフィルは、強い血管拡張作用を促すことによって、正常な陰茎の勃起を導くものです。
タダラフィルと同じ血管拡張作用の強い薬と一緒に服用すると、心臓に血液が行き届かなくなり狭心症の発作など重篤な健康被害を引き起こすことになります。
このような薬を併用禁忌薬と呼び、ニトログリセリンなどの硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬であるアデムパム錠などが代表的なものです。
ただし、これらの併用禁忌薬は、製品化された医薬品名だけでは見分けがつきませんから、常用している医薬品がある場合には必ず医師に相談することが大切です。